ヨーロッパ方面に何回か一人旅をしたことがあります。女1人で海外旅行に行った、しかもツアーではなく自由旅行で、と言うと、驚く人が多いのですが、私も一人旅をしてみたい!という人もいます。

そんな人に、初めての海外一人旅の目的地としておススメするのがロンドンです。

フリーの一人旅でまずしなければいけないのは、航空券の購入です。日本を経由する航空会社でロンドンへのフライトがない航空会社はないといってもいいくらい、毎日数便が飛んでいます。地方に住んでいる人でも、近くの空港から行きやすい都市の一つがロンドンです。

空港から市内までは地下鉄で移動できるのもロンドンの便利なところです。ロンドンの地下鉄のシステムは、旅行者にとっても便利になっていて、オイスターカードというプリペイド式のカードにチャージをして使うと、いちいち切符を買わなくてもスムーズに移動できます。多めにチャージしていても、使い切れなかった分はヒースローの自販機で簡単に払い戻しができます。主だった地下鉄駅の改札付近にはお世話係のような係員がいて、カードの使い方や、どこで乗り換えたらいいか等、質問に答えてくれます。

ロンドンは大都市でありながら、主要な観光スポットが中心部に集まっている点も便利です。ピカデリーサーカスからトラファルガースクエアを経由して、ビッグベンまで歩いて行くこともできます。その途中には、紅茶で有名なフォートナム&メイソンもあります。メインストリートのあちこちに小さな地図板があり、迷った時はその地図板を見ながら移動すればいいので、自由行動がしやすい街です。

一人旅でも二人旅でも、ロンドンはフリーで行く海外旅行でおススメの街です。

ポルトガルはオススメの国

ポルトガル
私はニューヨークに住んでいたので、ニューヨークからポルトガルに旅行に行くことにしました。先輩が一緒に行きたいということだったので、二人で行くことにしたのですが、リスボンの空港でレンタカーをピックアップするようにして行くことにしました。リスボン国際空港に到着したら、ハーツのレンタカーで車を受け取って、そこから最初の滞在先であるホテルに行きました。

リスボンでは電車で丘の上まで行くことができて、その丘の上の公園のようなところにレストランがあって、そこでランチを食べました。ポルトガルの料理は日本人の口にとても合うと思います。レンタカーでリスボンからセトゥーバルに行ったのですが、そこの海岸に炭火で魚を焼いているところに出くわして、そこで魚を食べることにしました。醤油を持って行けばよかったと思いましたが、焼き魚はとても美味しくて、日本人にはとても美味しいと思わせるものがありました。

セトゥーバルから2泊目の宿であるお城のホテルに向かったのですが、お城のホテルは趣があって、ディナーもホテルで食べることにして、日本でも馴染みのメニューがあったりしてとても美味しかったです。ポルトガルは田舎がとても美しくて、のんびりしていてとてもいいと思います。昔の日本に似た雰囲気があって、治安もいいので、安心して旅行することができるので、ポルトガルはオススメの海外旅行先だと思います。とてものんびりしていてゆったりできていいです。

素晴らしいスペイン!

私は学生の頃から海外に興味があり、今までで10カ国を旅してきました。
その中でも今でも心に残っているのはスペインです。まず、スペインは意外と食事が美味しかったです。あんまり美味しくないイメージを勝手に持っていたので、より食事のカルチャーショックは大きかったです。一番ハマったのがイカ墨のパエリアです。見た目は黒くてグロテスクなのですが、食べてみるとイカ墨の生臭さはなく、コクがあって美味しいんです。一口食べるとクセになり、パクパクと食べて結局2人前食べてしまいました。
そして、スペインの一番のオススメはサグラダファミリアです。中学生の頃教科書で見て、「この建物はなんだ?一度実物を見てみたい!」と思い、ずっと憧れていた建物です。実際に見てみると、すごい!の一言でした。観光バスでサグラダファミリアに向かっている途中にも、建物の間からチラチラと見えていたのでそこから釘付けになっていましたが、いざ目の前にするとその迫力は圧巻でした。迫力の中にも繊細さがあって、サグラダファミリアの一つ一つを見るのが大変なくらいでした。何百年もの間、何百人、何千人という人が一生懸命に作ってきたのかと思うと、感動はさらに増しました。そして、ガウディの才能の凄さががっつり伝わってきました。
サグラダファミリアを観光するのには1日ではとても足りません。もしまた行けるとしたら最低3日間くらいはゆっくり見たいです。
スペインは本当に最高でした。ぜひ沢山の人に行ってもらいたいです。

通貨の両替はどこでする


海外旅行に行く時に必ず必要になってくるのが現地通貨です。クレジットカードを利用することができるところが多くなってはいますが、それでも現地の通貨がなければ、不安が大きくなります。
そんな現地通貨を手に入れる方法として、多くの人が利用するのが両替所です。日本円から現地の通貨を手に入れることができる場所ですが、場所によってレートが異なるのが1つの問題です。
外貨両替をするときに、多くの人が利用をしているのが地元の銀行や空港等の両替所です。一般的に空港の両替所は手数料が高いと言うイメージがありますが、しっかりと比較をしないと銀行の方が高いケースもあります。また韓国のソウルでは、日本で両替をするよりも現地の街の両替所で両替をした方がレートが良かったと言うケースもあります。このようにどこで両替をするかによって、手にすることができる現地通貨が変わってくるので、事前に比較しておくことが大切です。
最近の情報収集のやり方としては、インターネットの口コミが1番参考になります。実際に旅行をした人がどこで両替をしたのか、どこが1番得だったのかといった情報を掲載してくれるので、こうした情報を参考にすると良いです。
ドルやユーロといったメジャーな通貨であればあまり変わりはありませんが、あまり日本人が行かないような国の通貨を手に入れたい場合には、一旦ドルやユーロに換金をしてから再度換金をした方が、レート的にお得になるようなケースもあります。

海外でインターネットを使いたい時には?

海外でインターネットがあると快適に旅行ができます。海外にでると日本にいるときよりもトラブルに遭遇する可能性も高くなります。

また旅行をするわけなので道に迷ってしまったということも多くなります。どんなに念入りに地図で調べていたとしても現地に行くと、現在地がわからなくて迷ってしまうことも多いです。国内旅行でさえ地図アプリがないと迷ってしまうことが多くなるので海外に出るとなおさらだと思います。

道に迷ってしまったり、言葉がわからなくて翻訳アプリを使いたいなんてときに役に立つのがインターネットです。

では海外でインターネットを使うにはどのような手続きをすればいいのでしょうか。主に2つあります。

各キャリアで提供されている海外ローミングを利用すること。もう1つがポケットワイファイサービスを利用すること。

それぞれメリットデメリットがあります。まず各キャリアで提供されている海外ローミングですが、今持っているスマホ海外でもそのまま使えます。ただし、料金が高いことと想定以上の請求が来る可能性が出てくることがデメリットです。

一方でポケットワイファイのレンタルというと、メリットは金額が安いことです。海外ローミングと比較して1/3程度の料金で利用できます。また、高額な請求がくる心配はなくなります。

ポケットワイファイレンタルのおすすめはグローバルwifiです。おすすめできる理由はなんといっても価格が安いことです。

他のポケットワイファイレンタルの会社よりも安い金額で利用ができて、使い勝手も問題ないと口コミでも話題を集めています。

成田空港で利用する時には、受け取り時間が短くなるロッカー受け取りなんてものもあります。